10/24

Gファンタジー』漫画版『祟殺し編』第5話
扉絵に6話って書いてありますけど、多分ミスだと思います。
前回、悟史さんの話題で詩音さんがキレちゃったところの続きから。ヤバげな表情で圭一さんを攻め立てますが、すぐに正気を取り戻してその場はひとまず収まりました。
その帰り道、圭一さんがレナさん魅音さんに悟史さんの転校のことを尋ねてしまいます。今まで楽しく話していた三人の間にひどく白けた空気が発生してしまうんですけど、圭一さんの言葉に凍りつく二人の表情が絶妙です。その後はレナさんがいい感じにオヤシロトリップ。オヤシロ様オヤシロ様と連呼するレナさんを魅音さんが張り手で落ち着かせました。レナさんと分かれた後、圭一さんを優しく諭す魅音さんの悲しそうな笑顔が耐えられません。本当、この辺の描写は竜騎士07さんの原作を超えていると思います。
次の日。沙都子ちゃんを連れずに梨花ちゃんだけが一人で登校してきました。圭一さんの不安煽られまくり。動揺する圭一さんを、"もし明日火山が爆発してもいいように楽しく過ごそう"とレナさんが諭します。死亡フラグがまたひとつ。その後、たまたま校舎から離れた圭一さんの元に大石さんが声をかけます。KOOLフィルターを通して描写されるため、なぜかどす黒い瘴気を纏っています。そしてラスト、汗をふきふきしつつ嫌らしく顔を歪めながら「北条沙都子さんを呼んでもらえませんか?」この人さえ居なかったら! と首を絞めたくなりました。