『皆勤の徒』

 なんかSFらしいSFが読みたいな〜という気持ちになり、そういえばまだ読んでなかった酉島さんに挑戦。

 期待通りいかにも難解で、奇想の風景に浸れる小説でした。SF的にはお馴染みのネタを、和語とも漢語ともつかない独特の造語表現で異化していく趣向。それに加えて、「卑近で現代的な過重労働哀歌」「学生の友情と別れの物語」「ハードボイルドな探偵もの」「大陸風の徒弟にまつわる冒険もの」といった各話ごとに異なるモチーフを据えることで、連作短編としてもう一段階の面白味を足している……といった仕掛けは分かるんですが、SFネタに対する私の理解がそもそも怪しいのがネック。だいたい雰囲気で読めましたが、作品全体を貫く統一設定を把握するところまではいけませんでしたね……(大森望さんの解説がこれほどありがたいと思ったことはないかも)。

 そんななのでたいそう体力を使い、理解度もかなりあやふやな読書になりましたが、難解すぎて読む手が止まったり、退屈したりということは不思議とありませんでした。そんな読み方でも最後まで辿り着くことはできるし、理解が後から追いついてくることもある。雰囲気でなんとなく読んでも楽しい、というポイントは、この手の小説では特に強みなのかもしれません。