月村了衛『神子上典膳』

神子上典膳 (講談社文庫)

神子上典膳 (講談社文庫)

 え、月村さんの剣豪小説あるの? と飛びついたら実は機龍警察より前に書かれた小説(とのことで驚きました(それもいいけど機龍警察はやく全部読もうね)。

 剣豪ものとしては時代的感性が比較的現代に近く、どちらかと言うともう少しカジュアルで普遍的な「ヒーローもの」の趣が強い作品。初期作ということもあって、構成などにこなれていない部分も感じられるのですが、それだけにかえって月村さんのヒーロー観がとても色濃く出ていたように思います。劇中の振る舞いだけをみると非の打ちどころのない「正義の味方」で、ダークヒーローと呼ぶにも潔白すぎるくらいの主人公なのですが、そういう人物を描くにあたってどうやっても贖えない罪、報われようのない寂寞とした背景を持って来ずにはいられないの、月村さんだな……と思います。

 それにしても神子上典膳、改めて本のタイトルとして見るとあまりに強い字面ですよね……。剣豪の名前、文脈と年代ボーナスで基本的に格好いいの多いと思うんですが、それ抜きにしても破格……現代伝奇で主人公張ってほしい……。

五味康祐『剣法奥義』

「柳生庄で見つかった古文書に記されていた各流派の秘技について、小説風に記してみた」から始まる堂々とした大ボラに「さすが大先人」と感心しつつも、そこから続くあまりに無残、それでいて恐ろしくストイックな武辺の世界に唸らされました。あえて悲劇的、残酷に見せてやろうという外連味のないところがかえってえげつなく、やる瀬ない気持ちにさせられますね。

 掲載された八つの短編はシンプルながらもバリエーション豊か。心身を尽くして剣法の非情を歩む求道者たち、その鮮烈な姿を突き放したような淡々とした筆致で描くスタイルは通底しつつも、不思議と似た話がありません。各篇で示される剣理はそれぞれ興味を惹かれるものですが、一体どういうことなんだろうという秘奥の神髄に触れる寸前で物語がふっと幕を下ろす妙味があり、それが決して肩透かしにはならない熟練の業も感じます。このジャンルに求めるエッセンスが凝と詰まった、珠玉の一冊でした。

鳥羽亮『柳生三代の鬼謀』柳生一族入門にうってつけの短編連作

柳生三代の鬼謀 (徳間時代小説文庫)

柳生三代の鬼謀 (徳間時代小説文庫)


 求道の果てに闇へと堕ちた剣聖石舟斎、徳川三代を影から操り神算鬼謀の限りを尽くす柳生但馬守宗矩、地獄から蘇った隻眼の魔人柳生十兵衛三厳……という話では全然ないです。伝奇っぽいタイトルのイメージに反して、びっくりするくらい善良な白柳生です。

 というか、有名な柳生エピソードをかいつまんだ短編小咄集という趣きの一冊で、与太要素はほとんどないんですね。素朴な筆致で年代記的に淡々と話が進むので、一冊の本としての起伏には欠けるものの、石舟斎、宗矩、十兵衛を中心に柳生新陰流の主要な逸話をオーソドックスな解釈で拾っていて、奇を衒わない正統派の剣豪小説に仕上がっています。気負わず読める柳生入門書として、けっこうお薦め。

「鬼謀」というタイトルはさすがにミスマッチで、「新陰流を天下に広めたい」という思いを胸にして一途に頑張る柳生三代の姿が描かれます。ややもすると陰謀家や黒幕として描かれがちな宗矩*1も、ここでは裏表のない実直な人物として描かれていて、陰謀的な要素は皆無。そもそも、史実と異なる逸話を拾いこそすれ、作者自身の独自解釈らしき要素が自体ほとんど見当たりません。

 登場人物の内面にあまりくどくど入り込まないため、あっさりしすぎている感もありますが、これまで様々に解釈されてキメラみたいな有様に描かれてきた柳生一族ですから、改めて見つめ直すならこのくらいの距離感がかえって良いのかもしれません。巷間の標準的な柳生イメージを、熟練の剣豪作家の手でストレートに小説化した、というころに意味がある一冊なのだと思います。

*1:そう……?(読書遍歴が悪い)

はてなブログへ移行します

2019年春「はてなダイアリー」終了のお知らせと「はてなブログ」への移行のお願い

 というわけで、10年以上続けたこのはてなダイアリーも終了となり、はてなブログに移行することになりました。新しいURLはこちら。

https://erlkonig.hatenablog.com/

 まだ移行作業中なのでリンク先は現在プライベートモードですが、はてなダイアリーを更新できるのは今日までらしいので、ひとまずURLだけでもお知らせしておきます。

11/25の第二十七回文学フリマ東京でます

 直前の連絡になってしまいましたが、11/25(日)、文学フリマ東京のイ-22で同人誌を頒布します。今回の新刊は小説です。

『失われた槍と獣と月の神話』


 異界の図書館で日々を過ごす辛気くさい女とお気楽な子供が、失われた神話世界の書物を肴にして益体もない話をします。小説パートと架空の書物の引用パートを交互に配置した、すこしファンタジーな小説です。本作の設定やイメージは「ゆらぎの神話」という人工伝承大系をベースにしています。
文:魔王14歳/絵:もちむら萬寿/A5サイズ/500円

そのほか持っていくもの

  • 幻想再帰のアリュージョニスト非公式ガイドブック『ゼオーティアのあるきかた』/B4サイズ/600円

よろしくお願いします。

Web小説『幻想再帰のアリュージョニスト』を読もう!

これは何?

 Web小説『幻想再帰のアリュージョニスト』をみんな読んで! 感想も書いて! という、私が勝手に言い出したキャンペーン(キャンペーン?)についてのまとめです。いわゆる実況。非公式です。
(2018/11/07 予備日について追記)

やりかた

  • 毎日20時になったら、未読者、既読者問わずTwitterに集まって思い思いにアリュージョニストのURLを貼り、アリュージョニストを読み、ハッシュタグをつけてアリュージョニスト感想を書き込む
  • 目安として、第1話から1日1話ずつ読み進めていくかたちで「今日読む話数」を提示していますが、原則どこをどう読んでもOK
  • 目安の話数は月曜・金曜を予備日とし、週5話ペースで進めます
  • 予備日も実況してもらって大丈夫なので、遅れを取り戻したり好きな話を読むのに使ってください
  • 目安の話数を気にせず自分のペースで進めてもらってもいいし、気が向いた日だけ該当話数を実況してもらうような使い方でもいいです
  • 20時開始も目安なので、都合のよい時間帯でどうぞ


 一応ハッシュタグは以下の形式で統一しようと思います。

  • リアルタイム実況タグ: #幻想再演
  • 各話数の追いかけ用タグ: #アリュージョニスト[話数] (例. 第1話なら#アリュージョニスト1、以降ページのURLに対応した話数を使用)

 とりあえず数日やってみてうまく回りそうだったので、この方針で進めたいと思っています。こうした方がいいかな、と思ったら変更を提案するかもしれませんが、こういうのは一度動き出したらもう言い出しっぺの手を離れるものだと思うので、後は流れだと思います。

 とにかくみんなでアリュージョニスト語りがしたい、アリュージョニスト読者増えてほしい! というの趣旨なので、アリュージョニストを読むきかっけにさえなるなら細かいルールは問いません。読もう! アリュージョニスト!

背景

 ここ数年、「異常に面白い」という理由からこのブログやTwitterで繰り返しオススメしてきた『幻想再帰のアリュージョニスト』という小説があります。過去に何度も記事にしているので、アリュージョニストがどんな小説なのか、私がどれだけ目を回してハマっているかはそちらもご参照ください。

 4年にわたって連載されていたそのアリュージョニストの第4章が、先日ついに完結を迎えました。作者さんによれば全9章構想だそうなので、物語はようやく折り返しの山場である5章の手前まで来たことになります。新章の開始まではしばらく時間が空くそうなので、ファンとしては一息つけるここらで作品全体を振り返って次の盛り上がりに備えたいところ。未読の方にとっても、更新に追いつきやすい今がアリュージョニストを読みはじめる絶好のタイミングだと思います。

 もっとアリュージョニストの話がしたい、読者にもいっぱい増えてもらいたい。いろんな読者の視座から見たアリュージョニスト感想を聞いてみたい。そういう気持ちは前々から蓄積していて、思わずVTuberになって宣伝動画作ったり同人ファンブックを出したりりしてたのですが、今がいい機会ということもあり、このたび勢いあまって毎日Twitterに集まって皆でアリュージョニストを読もう! という呼びかけを始めてしまいました。

 ていうかアリュージョニスト、連載開始以来面白くなり続けていて、読者も少しずつ着実に増えてるんですけど、作品の凄まじさを思うとまだまだこんなものじゃないはずなんです。とにかくどんどんアリュージョニストの話をして、こんなに面白い小説がここにあるんだって知ってもらいたい。よく知らない小説を買ってきて読んでくれ、と言うのはなかなか難しいことですが、恐ろしいことにアリュージョニストはネットで無料公開されてるWeb小説なんですよ……。

 なので、アリュージョニストをまだ読んでいない方も、Twitterでアリュージョニストへのリンクや#幻想再演というタグを見かけたら、ぜひ1第話から読んでみてください(そしてできれば感想も……)。あなたにとって10年以上の付き合いになるかもしれない小説、幻想再帰のアリュージョニストをよろしくお願いします。

夏コミ2日目、幻想再帰のアリュージョニスト非公式ファンブック『ゼオーティアのあるきかた』頒布します

 夏コミ(C94)2日目、8/11(土)東6ツ-11aで幻想再帰のアリュージョニスト非公式ファンブック『ゼオーティアのあるきかた』を頒布します。600円です。ざっくりライトノベル系の島のあたりにあると思います。

 Web小説『幻想再帰のアリュージョニスト』未読者向けの作品紹介を主眼としつつ、既読者にとってもファンブック的に読んでもらえる内容を目指しました。ゲームのガイドブック風の雰囲気が伝わるといいな……。

 また、今回はアリュージョニストを多くの人に知ってもらうのが目的のため、かなり分厚い無料おためし版も相当数ご用意しました。「アリュージョニスト、名前は聞いたことあるけどよく分からないな……」という方も是非お立ち寄りください!

目次

  • ゼオーティアってどんなところ?
  • イラストでわかる人物紹介
  • これまでのアリュージョニスト
  • 読者アンケート

そのほか

 以前作った「ゆらぎの神話」本の残部を多少持っていきます。

 2日目土曜日、よろしくお願いします。