07th Expansion

現実/オカルト二重化解釈による『彼岸花の咲く夜に 第一夜』各話読解【ネタばれ】

この記事は『彼岸花の咲く夜に 第一夜』を全面的にネタばれします。ご注意を。

こういうのが読みたかったんですよ、竜騎士さん - 竜騎士07『彼岸花の咲く夜に 第一夜』

こういうのでいいんですよ、こういうので(ゴローちゃんっ面で) 新作の『ローズガンズデイズ』も出た後なので超今さらになるのですが、『彼岸花の咲く夜に』第一夜をようやくプレイし終えました。『うみねこ』の頃あれだけ騒いでたくせに、どうして『彼岸花』…

竜騎士07 - ゲームデザインが規定する物語 (『恋愛ゲームシナリオライタ論集 30人×30説+』掲載原稿)

2010年夏コミで頒布された『恋愛ゲームシナリオライタ論集 30人×30説+』が完売、再販予定なしということで、私の担当した原稿について主催のthen-dさんからweb公開依頼がありました。作品完結前に書いたものであり、今では私自身かなり考えの変わったところ…

【ネタばれ無し】最終感想『うみねこのなく頃に episode8 Twilight of the golden witch』

先日、最終話のepisode8(EP8)が公開され、4年間続いた本シリーズも無事*1完結となったので、ぼちぼち感想を書いてみたいと思います。タイトルに「ネタばれ無し」って入れましたけど、意味合いとしては「犯人とかトリックとかの具体的な内容には触れない」く…

事件の謎は解明されたか?-『うみねこのなく頃に Episode7 Requiem of golden witch』

まず大ざっぱな感想 いつの間にか第7話ということで完結も間近に迫り、このままクライマックス向けて一直線? と思っていたら、「今までの主人公は脇で休んどいてもらって新キャラ投入」っと、かなり意外なところを突いてきました。本編の展開をぶった切って…

選択肢なきルート分岐 - 『うみねこのなく頃に Episode6 Dawn of the golden witch』

今回も語るべきことはいっぱい。どこから話したはじめたものか、正直考えあぐねているのですが、ともかくぽつぽつと書きはじめてみます。「具体的な事件、出来事」に関するネタばらしはほぼありません。 象徴だけでできた物語 今回のうみねこは、いつも以上…

拡張ルール投入!『うみねこのなく頃に散 episode5 End of the golden witch』

半年に一回のハレの日! うみねこ新シリーズ、「散」の第一弾が遂に公開されました。例によって、具体的なネタばらしにならないよう心がけつつの感想お送りします。とはいえ、雰囲気でどうしてもある程度のところは伝わっちゃうんですが……。 ひぐらしが完結…

今この時期だから書く『うみねこのなく頃に』エピソード1の読み方

『うみねこのなく頃に episode1 Legend of the golden witch』再プレイ感想にかこつけて アニメ放送が真っ最中の昨今ですが、原作ゲームの手引き的なことを書きます。作中の個々の出来事に関する具体的なネタばらしはしませんが、作品の構造に関するよりクリ…

竜騎士07のミステリーが「本格推理」でない単純な理由

本格ではない 『うみねこのなく頃に』のミステリー的側面を語るために一点はっきりさせておかなければならないのは、本作がある種の定義における「本格推理」の論理によっては作られていない、そもそもそれが目指されていないという点です。たしかに本作は「…

「アンチミステリーVSアンチファンタジー」の行く先 - 『うみねこのなく頃に』の捉え方について

かつてミステリーの素人だった竜騎士さんは前作から一年を経て、取り返しがつかないほど理屈を知ってこの世界に戻ってきました。*1 前作『ひぐらしのなく頃に』のミステリー的失敗は、いまや語り草とも言えるありさまで知る人に知れ渡っています。その反省と…

『うみねこのなく頃に』EP4クリア、自分がなんで泣いてるのか分からない

クリア直後の感想、というかプレイ後の精神状態報告。ちゃんとした感想はまた後ほど書くかと思いますが−。 昨日お昼前からはじめてようやくクリアして一息。じっとモニタ見つめてたら3時間くらいで頭痛くなってきましたけど、そんなもの構わずほとんど12時間…

ひぐらしを凌駕するこの「凄さ」 - 『うみねこのなく頃に episode3 Banquet of the golden witch』

\(。 ∀゚)/\(゚∀。)/\(。∀゜)/\(゚∀。)/\(。∀ ゜)/ \(。 ∀゚)/\(゚∀。)/\(。∀゜)/\(゚∀。)/\(。∀ ゜)/ \(。 ∀゚)/\(゚∀。)/\(。∀゜)/\(゚∀。)/\(。∀ ゜)/ \(。 ∀゚)/\(゚∀。)/\(。∀゜)/\(゚∀。)/\(。∀ ゜)/ ドッカン! ドッカン! ドッ…

『うみねこのなく頃に episode2 Turn of the golden witch』

え、ええとですね。前話のepisode1は、シリーズ一作目としては落ち着いた、奇を衒わない堅実な作品でした。その分、二作目である今回は色々仕掛けてくるだろうなーと予想していたのです。実際、「今回は無茶苦茶だった」という前評判も聞いていたので、魔法…

『ひぐらしのなく頃に祭 第伍章 目明し』

悟史君悟史君悟史君悟史君……。(爪を噛みながら) の第伍章。遂に後半戦に突入ですけど、既にプレイ時間が40時間越えてます……。 七つある鍵を扉にひとつずつ試していって正解の鍵で扉が開くまでの期待値は7÷2=3.5じゃなくて(1+2+3+4+5+6+7)÷7=4だと思うのです……

『ひぐらしのなく頃に祭 第零章 暇潰し』

あうあ。いつにも増して原作プレイ済みの人向けの感想になってます。原作プレイ時の「暇潰し編」自体の感想は↓このへん http://d.hatena.ne.jp/Erlkonig/20050114/1105640530 http://d.hatena.ne.jp/Erlkonig/20060620/1150742369 http://d.hatena.ne.jp/Erl…

『うみねこのなく頃に』のミステリー・リベンジっぷり

紹介ページに掲げられた謳い文句、「推理は可能か、不可能か」という文面を見たときは、正直「無茶しやがって……」と思いました。明らかに「ひぐらし」での失敗を意識してのこの惹句ですけど、ひぐらしで「推理小説」的フォーマットに対する詰めの甘さを露呈…

『うみねこのなく頃に episode1 Legend of the golden witch』

「ひぐらしのなく頃に」で素人の分際でろくに知りもしないミステリーの世界に殴り込み、案の定返り討ちでコテンパンに叩きのめされてどうせもう駄目なのですよあうあうあうあうwwwwwwwの竜騎士07さん、新作を引っさげてのリベンジです。 ああ、竜騎士…

うみねこプレイ直前の頭の整理

一応は「寒村の子供たち」のお話だったひぐらしと異なり、うみねこは上流階級バリバリな人々のお話になります。ただ、竜騎士07さんに上流階級の雰囲気なんかが描けるのかという心配はあまりないです。日記を見た感じ「その手の人」が親戚の中にいるらしく、…

『ひぐらしのなく頃に祭 第肆章 祟殺し』

壱章、弐章、参章ときて肆章と、漢数字がちゃんと難しい方に統一されていることに微妙に感動。壱、弐、参までは難しい方を使ってても、そこから先は四、五、六と普通のものに戻ってしまうパターンが非常に多いので……。あ、でも表記を統一したらしたで、今度…

『ひぐらしのなく頃に祭 第参章 綿流し』

序盤の共通ルートは原作の「鬼隠し編」ほぼそのままなので、「綿流し編」固有のエピソードのほとんどはルートが分岐してから発生することになります。そのため、原作で言うところの「鬼隠し編前半+綿流し編」という流れでゲームが進行していくので、日常パー…

『ひぐらしのなく頃に祭 第弐章 鬼隠し』

原作では最初の編に当たる鬼隠し編。何度も言うようですがKのアホー。 漫画、アニメ、ドラマCDなどを含めるともう十回以上この『鬼隠し編』を見てきているので、このコンシュマー版で初めてひぐらしをプレイするという人が一体どんな感想を抱くのかは、正直…

『ひぐらしのなく頃に祭 第壱章 盥回し』

今更ですけどプレイ開始。発売日に買ったのに、まとまった時間が用意できなくてずっと生殺しだったのです……。 とりあえず適当にプレイしていて最初に入ったのがこの「盥回し」編で、分岐としてはどうやら「ハズレルート」にあたる模様。原作にはないオリジナ…

『ひぐらしのなく頃に礼 昼壊し編』

ファンディスクの短編二本目。夏に発売された3D格闘ゲーム『ひぐらしデイブレイク』の設定を下敷きとしたオマケシナリオ。持ち主の間に強制的に恋心を発生させるマジックアイテム「フワラズノ勾玉」にまつわるドタバタ活劇です。『ひぐらしデイブレイク』が…

『ひぐらしのなく頃に礼 賽殺し編』

やー凄かったです! ファンディスクの短編一本目。全八作として完結した本編の後日談を語りつつ、本編中で十分に納得のいかなかったいくつかの要素が補完されています。オマケシナリオとは思えないほど大真面目で直球なお話でした。テーマ的な密度とシビアさ…

『ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編』ネタばれ

ネタばれ感想の続き書きました。ネタばれ激ネタばれ。プレイ済みの人だけこっちにどうぞ。ひぐらし祭囃し編に関する記事はひとまずこれでひと段落です。まあ漫画版の感想とかもこれから書いてきますけれど。

『ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編』

今頃になって。各シーンの詳細はネタばれスペースでみっちり書いていこうと思うので、こちらではさっくりと感想を。 えーと、プレイの衝撃から二週間が経ってようやく普段の生活ペースを取り戻した現在の印象として、大変満足な最終章でした。不満も山ほどあ…

『ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編』ネタばれ 「ご都合主義」というシステム

ネタばれ書きました。こっち。

『ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編』「一発の弾丸」について

ネタばれ書きました。id:kagamiさんのところについたid:genesisさんのコメントについて。 続きを読む

『ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編』(再プレイ14)

皆殺し編再プレイ1 後半はネタばれなしには何一つ語れないような内容なので、下手なことは言わないでおきましょう。一点気になるのは、テーマ的な主張が強すぎてお話の展開というか因果律というか確率というか、そういったものが捻じ曲がりそうな勢いがある…

『ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編』(再プレイ13)

綿流し祭当夜まで。 まさに「解」。タイトル発表の時点では、「解」とは「過去に起きた出来事の真相」を指していると誰もが考えていたでしょう。ところが更に編が進むにつれて、どうもそれだけではないらしいというのが分かってきます。ここで示される「解」…