GAME

メギド72「この手にかつての栄光を」

https://megido72-portal.com/ev/20210430 リジェネオリエンス、バレット切れた時にツルハシ振り回す感じの実装して欲しい アガシオンに壺のあるなしで差分ありましたけど、メギドの立ち絵としては贅沢な扱いですね(差分ないと流石に話も話わからないので仕…

メギド72「そして灯火は静かに消える」

https://megido72-portal.com/ev/20210331 背を向けるようなマスティモのポーズに続き、自身の身体(と燭台(?))を真横から見せるデザインのウコバク。一枚絵の中の物語性が強いし、影絵に映えるからイベントのテーマにもマッチする良いデザインでしたね。 メ…

メギド72「奇妙な蒐集家ルキフゲス」

ちょい間が空きましたがルキフゲスイベント(ホワイトデーイベント?)の感想です。 改めて見ると直球なタイトルですね……。とにかく配布メギドであるルキフゲスの変人ぶりを軸に回していくシナリオでした。洞窟に眠る遺物や事件の真相なんかもルキフゲスとの絡…

『幻想牢獄のカレイドスコープ』第3ゲーム 死刑囚:風華/ピエロ:火凛

幻想牢獄のカレイドスコープ 通常版 - PS4発売日: 2020/12/17メディア: Video Game第3ゲーム 死刑囚:風華 ピエロ:火凛 断罪者:土麗美、水無 死刑囚の風華が開幕からハイスピードで激昂、自分以外は全員無能と全方位を罵倒してヘイトを買い、これを受けた断罪…

メギド72「恋は拷問、愛は処刑」

タイトル公開時は「また混ぜたらいけないものを混ぜて!」と思いましたが……ものすごく綺麗にまとまっててびっくりしました。拷問要素も無理矢理ねじ込んだ感がなく、「恋」と「拷問」で二題囃をやるなら確かにこうなる、という絡ませ方でしたね。今後アジト…

『幻想牢獄のカレイドスコープ』第1ゲーム 死刑囚:水無/ピエロ:火凛

幻想牢獄のカレイドスコープ 通常版 - PS4発売日: 2020/12/17メディア: Video Game第1ゲーム 死刑囚:水無 ピエロ:火凛 断罪者:風華、土麗美 デフォルトでこの並びだったので、導入シナリオとして推奨されてるルートなのかなと思いそのままプレイ。最初は「皆…

『幻想牢獄のカレイドスコープ』やります

幻想牢獄のカレイドスコープ 通常版 - PS4発売日: 2020/12/17メディア: Video Game フルボイスのサウンドノベルなんて長いことやってませんでしたが、なんかピンと来たのでトライしてみることにしました。竜騎士07さんの、もう露骨に悪趣味な美少女デスゲー…

メギド72「メギドラルの悲劇の騎士」

デカラビアが終わったばかりなのに矢継ぎ早にこんな高密度の話が来るなんて……。2021年怖ない? 年始から飛ばしすぎでは? とにかくよかったです。 今回は五幕構成がうまく効いてましたね。まず第一幕で演劇キャラであるマスティマをイロモノ的な第一印象で登…

『メギド72』8章4節感想

いくらなんでも面白すぎました。イベントシナリオで今年秋以降最大のヒットはデカラビアイベントだったと思っていますが、メインシナリオはそれを上回るくらいの密度の話が毎回確実に実装されてきました。なので毎度「今回めちゃくちゃ面白くなかった?」っ…

フルカネリ、最後の計画/デカラビア、最後の咆哮

前半時点ではどうなることかと不安もありましたけど、後半とてもよかったです。いわば地雷原であったデカラビア周りの話だったこともあり、さまざまな事情とかあるよね〜と感じるところは随所にありましたが、それらへの諸々の対処の仕方なども含め、この状…

メギド72「ソロモン王と幻獣図鑑」

そろそろデカラビアの感想書かないと……って思ったらそもそも3周年イベントもアップしてなかったことに気づいたので、3周年イベントの感想です。私の感想常に出遅れてない? シナリオ 例年のように周年記念イベントに全実装メギドを詰め込むのはさすがに難し…

25周年(とは関係ない)『幻想水滸伝』初プレイ感想

幻想水滸伝発売日: 1995/12/15メディア: Video Game 今日が幻水25周年と聞いたので、書き溜めてた初プレイ感想をアップします。調べて分かったけど、PSのゲームとしてはかなり初期のRPGなんですね(ロマサガ3と1ヶ月しか違わない……)。たしかにSFC時代のRPGの…

虚数大海戦イマジナリ・スクランブル

今年のFGOは色々新しい試みがあって楽しさが一段増してる印象があったんですが、今回は格別だったと思います。念願のネモ実装イベントというだけでも楽しみだったんですが、シナリオがかなり面白い。今回は外部からお呼びしたライターさんということで、序盤…

『メギド72』8章3節感想

まだフォルネウスが側にいる気がするんだ…… サタンとマモンの「個人的な関係」のせいで8魔星がサークルクラッシュしたって読めるんですが ガギゾンの悪行がまた追加(でも格は落ち続けける) 因果のあるインセクトだからインガセクト、なるほど〜〜(一周まわっ…

『ルフランの地下迷宮と魔女の旅団』

ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 - PSVita発売日: 2016/06/23メディア: Video Game これ実は発売日に買ってたんですが、ラスボスに勝てずにモタモタしてるうちになんかVITAから手が離れてしまい、気づくと4年も経ってしまってました……。続編のガレリアも発売…

メギド72イベント「暴走児バラキエル!」

クセの強い新メギド、味わい深いモブ、一見ほんわかしたストーリー(人は死ぬ)、激ヤバメギド倫理観、コンセプトのある新曲ラッシュとメギドの楽しさが詰まったイベントでしたね!(絶対メギドラルに就学したくない)。 出てきた瞬間「死ぬわコイツ」って思った…

メギド72『カジノ!ー勝利の方程式ー』

明るいイベントなので人は死なない……ではなく、明るいイベントなので人の死が軽いだけだった(生放送で宮前さんが口を濁していた理由、理解) シュレーディンガーの猫、……モンティホール問題……(なぜか古傷が疼く) 数あるモンティホール解説の中では比較的分か…

常設復刻シャミハザイベントの感想

ガギゾンが紡いだ3柱のメギドの縁!(そう?) フリアエ好きだけど法の番人として軸がどうなってるのか分かんなくて「フリアエ、何!?」ってなる シンプルだけどメギドのイベントシナリオの基本形がこの辺から出来上がってる気がしますね これはメギド72のイ…

2020年だけど『エルシャダイ』の感想書きます

El Shaddai ASCENSION OF THE METATRON - Xbox360発売日: 2011/04/28メディア: Video Game 最近『メギド72』でアルマロスっていう名前のキャラが出てきて、「そういえばエルシャダイにもアルマロスいたな……エルシャダイのアルマロスに久しぶりに会いたい!」…

『うみねこのなく頃に咲』やりました

うみねこのなく頃に 咲メディア: DVD-ROM 今さらですが、やりました。発売直後に買いはしたもののなんか手をつけるのが怖くてずっと放置していた『うみねこのなく頃に』最新作にして、新シリーズを前にした最後の節目っぽい雰囲気のあるスピンオフです。まあ…

詰めパズルめいたストイックなバトルが光る『サガ』シリーズ最新作-『サガ スカーレットグレイス』

サガ スカーレット グレイス - PS Vita出版社/メーカー: スクウェア・エニックス発売日: 2016/12/15メディア: Video Gameこの商品を含むブログ (7件) を見る 発売からだいーぶ時間がかかってしまったのですが、先日ウルピナ編でクリアしました。 ラスボスは…

『芥花』 - 拷問RPGで推理ゲームな七人の少女と悪魔の感情と記憶

芥花 フリーゲーム“拷問”RPG『芥花(あっか)』。悪魔から力を得て“死因”を奪い合う、儚くも強き少女達の物語。 突然辺獄に召喚されて「このままでは1年以内に死ぬ」と告げられ七人の少女(致死者)たちが、「死因の記憶」を現世に持ち帰って死を回避するため…

アナログゲーム会しました

首都圏某所で、アリュージョニスト読者繋がりでお呼びしたM氏、A氏に加えお餅氏と下僕の4名でアナログゲーム会をしました(私は下僕を電波で操って指示を出す人)。A氏がかなりこなれた感じでインストなどやってくださったので、スムーズに進行してありがたか…

長期休暇を機会に腰を据えて脳をやられたい人にオススメのネット作品3つ

前々から興味はあるけど、手をつけるタイミングが見つからなくて先伸ばしになってしまう作品ってありますよね。大作だったり、脳を使いそうだったり、沼からの圧の高まりを感じる作品だったりするとなおさらです。 もしそれがネットからアクセスできる作品な…

『歪者行進曲』 - 故郷の村を焼いた憎獄人形0118への復讐のため憎念渦巻く古代遺跡へ挑め

死に戻り前提の高難易度ボス戦と戦闘前の戦略カスタマイズに特化し、灼けつくような圧倒的中二病的フレーバーでフリーゲームプレイヤーの度肝を抜いたRPG『歪者行進曲』をキメてきました。ver223。 歪者行進曲:無料ゲーム配信中! [ふりーむ!] 世界最終憎…

俺屍2リプレイ(8) 1122年11月〜翌7月 復讐のスザク(棒)

※ネタばらしあります リプレイ目次 すずめ(鬼籍): 前当主にして三兄弟の母。 泉牛: 前当主の弟。萩谷家長老として三兄弟を見守る。牛の父から生まれたのになぜかインスマス顔。 透雀: 当主の兄。甘いマスクのイケメンだが口元が荒木飛呂彦画風。体力なくてす…

俺屍2リプレイ(7) 1122年3月〜10月 四代当主すずめの時代

※ネタばらしあります リプレイ目次 由良英(剣士): ゆらふさ。前当主の妹の偏屈武人。いつの間にか一族最年長になってしまったので最近ようやく人当たりが軟化。 すずめ(槍使い): 当主四代目萩谷烏兎。前当主の娘。他人事に首突っ込んで揉め事増やすタイプの…

俺屍2リプレイ(6) 1121年9月〜翌2月 祭具奪還(2年ぶり2度目)

※ネタばらしあります リプレイ目次 いずみ: 当主三代目萩谷烏兎。サツバツとした家族の中で唯一の穏健派&緩衝役なので自分が死んだ後のことがすごく心配。鍋感染済み(悪性)。 由良英: ゆらふさ。いずみの妹。サツバツの元凶一。無愛想かつ無口朴念仁、部屋…

俺屍2リプレイ(5) 1121年2月〜8月 異国遠征

※ネタばらしあります リプレイ目次 転: まろばし。足裏が弱い1歳6ヶ月の老人。長兄の烏兎も次兄の独妙も1歳6ヶ月で死んだので、「俺今月死ぬから」が口癖になっている。いつの間にか家族が女だらけ。 いずみ: 耳裏が弱い三代目当主。気が強いorつっけんどん…

俺屍2リプレイ(4) 1120年9月〜翌1月 夜鳥子さん下野

※ネタばらしあります リプレイ目次 烏兎: 前当主(鬼籍)。独妙の兄。せいぜい二年の命とは聞いてたけどまさか一年半しかもたないとは思わず、微妙に覚悟のないままポックリ死亡。 独妙: 現当主。「当主が戦闘不能になったら戦闘終了」というシステムを突いて…