『星間都市山脈オリュンポス 』神を撃ち落とす日』

 1週間ちょいで駆け抜けました。相変わらず異聞帯を滅ぼすことに対する葛藤がノルマっぽくて、定命やら停滞やらを云々する大テーマにも乗れないのですが*1、出てくるキャラクターにはそういう大筋と関係ないところで好感が持てたし、話運びがやっぱり単純に面白い。機神もこれどうやって説得力ある勝ち方するの? と訝しむくらい桁違いの強さがアピールされてて、そこからちゃんと納得の勝利の形に持っていけてたと思うので、こういうところは流石だなと思います。

 アトランティス以降は予算をかけた演出力でぶん殴ってくるところも増えてきた感がありますが、今のところ場面にちゃんとハマってるのでいいんじゃないかなと思います。話が派手になっていくにつれ、一枚絵やアニメーションなしだと難しそうだな、というシーンも増えてきましたしね。巨大ロボとか……。

 クライマックスが盛り上がった結果、中盤ものすごく頑張って仕込んだ大召喚の果たした役割が相対的に小さくなってしまった感はあり、全サーヴァントが役割を使い切ったアトランティスの方が構成自体は綺麗だったかもしれません。ただ個人的にはアレス召喚の流れがすごく好きで、あらかじめ金時ロボを出しておいて何となく脳に"ああいうの"のパスを通しておくことで、理屈は置いといてあの場面で機神クラスの最強ロボを召喚してしまう"流れ"に雰囲気的な導線を引いてしまった。「ここまで導線引いとけばこのくらい無茶してもええやろ」って発想の話運び、好きです……。

 みんな言ってると思いますが、キャラクターはキリシュタリア周りに意外性があってすごく良かったです。登場時からあ〜こいつは噛ませですわ〜みたいに言ってたのが本当に申し訳ない……。同様の見方してた皆様の態度がオリュンポスでコロッと変わるのを見て何かあるんだろうなとは思っていましたが、分かってはいても実際良かったです。カイニスともども大好きになってしまいましたね……。今年の水着イベントで「カイニスと新所長の関係なに?!」って笑ってましたけど、納得。

 脇役だとペペロンチーノの動きが良かったです。人が良いのでもともと大好きですが、キリシュタリアにペペロンチーノさん呼びされてるの見て双方の好感度がまた上がってしまいましたよ。あとリンボの再生を打ち止めにしたのが第三勢力のムーブとしてかなり良いファインプレーでしたね。単に「倒す」のではなく「不死身の敵の残機を1にする」という落とし所も上手くて、見事な話運びだと思いました。

 シロウ村正が異界の神の使徒側に回ってたのはけっこうショックで、私も知らん間に愛着湧いてたんだなーと自分でちょっと驚きました。言峰綺礼と意外と上手くやってたのは面白かったので、引き続きイチャついていけばいいと思います。異界の神については……これまでネタバレ踏まずにネットやって来れたのには感謝しかありませんが、それにしても何だったんですかねアレ……。「状況や画面演出に対して何かが乖離している」っていうのは分かるし、ギャグの手法としてはよく見るやつなんですが、今回はよりによってここで、という場面だったので、えも言えん妙味がありました。良かったと思います。

*1:そういう意味ではそもそもTypeMoonのテーマに乗れたことない。