月村了衛『神子上典膳』

神子上典膳 (講談社文庫)

神子上典膳 (講談社文庫)

 え、月村さんの剣豪小説あるの? と飛びついたら実は機龍警察より前に書かれた小説(とのことで驚きました(それもいいけど機龍警察はやく全部読もうね)。

 剣豪ものとしては時代的感性が比較的現代に近く、どちらかと言うともう少しカジュアルで普遍的な「ヒーローもの」の趣が強い作品。初期作ということもあって、構成などにこなれていない部分も感じられるのですが、それだけにかえって月村さんのヒーロー観がとても色濃く出ていたように思います。劇中の振る舞いだけをみると非の打ちどころのない「正義の味方」で、ダークヒーローと呼ぶにも潔白すぎるくらいの主人公なのですが、そういう人物を描くにあたってどうやっても贖えない罪、報われようのない寂寞とした背景を持って来ずにはいられないの、月村さんだな……と思います。

 それにしても神子上典膳、改めて本のタイトルとして見るとあまりに強い字面ですよね……。剣豪の名前、文脈と年代ボーナスで基本的に格好いいの多いと思うんですが、それ抜きにしても破格……現代伝奇で主人公張ってほしい……。